「ルテイン」とは?

「ルテイン」とは?

強い抗酸化作用があるカロテノイドの一つで、ほうれん草やブロッコリー等の緑黄色野菜に多く含まれる成分になり、人の体内や皮膚などに存在しています。

 

その中でも瞳の水晶体と黄斑部で大切な栄養素のカロテノイドはルテインとゼアキサンチンといわれており、それらの栄養素が正しく作用する際に大切な役割りがあります。

 

外からの光を受けるレンズの働きを行っている水晶体には丁度真後ろあたり、網膜の中枢にある黄斑部には、視覚機能にとても重要な役割をしています。

 

それらの部分にはカロテノイドの中で、ルテイン、ゼアキサンチンの他には存在していないことから。ルテイン、ゼアキサンチンが、光による酸化ダメージより水晶体と黄斑部を守っていると考えられます。

 

仮に水晶体と黄斑部にルテイン、ゼアキサンチンが不足してしまうと、水晶体では白内障、黄斑部では、加齢黄斑変性症(AMD)に始まる眼疾患リスクに結び付くケースが認められています。

 

白内障や加齢黄斑変性症(AMD)は、年齢にともない生じる症状と考えられてきたのですが、最近 では、若い世代の方でも発症する可能性もあります。

 

生活環境は人知れぞれなので一概にはいえないのですが、栄養のバランスが取れていない食生活や光の曝露量の多発、ストレスなどにより世代に関係なくに目に及ぶリスクが高くなっています。

 

ルテインの抗酸化作用

 

瞳は体の中において最も活性酸素の被害を受け易い所で、瞳がまぶたを開けている時に必ずいろんな所から光が入り込んで来ると思います。このような光の中にある青色光と紫外線が、活性酸素を発生させる要因になるといわれています。

 

瞳は常に活性酸素の影響を受けているのですが、ルテインの強力な抗酸化作用により瞳をこの被害から守っています。

 

私たちが物を見るときに、光は角膜、前房、水晶体、硝子体をとおして網膜黄斑部で光を感じてるのですが、こういった黄斑部と水晶体には、ルテインが集中しており、水晶体のルテインは青色光を吸収することでフィルターとして働き、黄斑部のルテインは網膜上で生じる活性酸素を無害化してくれるのです。

 

黄斑部にはルテインとゼアキサンチンという成分の他には含まれてなく、ルテインが減少することにより太陽光線に影響され、視力の低下や瞳の疾病を発生させてしまうと言われています。

 

現在の研究によって、水晶体・黄斑部のルテインの量が減少すると、白内障・加齢黄斑変性(AMD)をはじめとする眼病の原因となっているとも言われています。

 

ルテインの種類

 

ルテインのサプリメントとして市場で販売されているものを2つに分けると「フリー体ルテイン」を使用したルテインサプリメントと「ルテインエステル」を使用したルテイン サプリメントになります。

 

「フリー体ルテイン」と「ルテインエステル」の大きな違いは、その吸収率にあります。

 

「フリー体ルテイン」は人の体内にある物と同一のルテインなので、そのまま体の中に吸収されることになります。

 

「ルテインエステル」は「フリー体ルテイン」に「脂肪酸」がエステル結合した物で、マリーゴールドより抽出された未精製のルテインになります。未精製のものは原料的にも安価で、人の体の中に入ったとしても、そのまま吸収されることなどありません。

 

そのために、摂取された「ルテインエステル」は、体内で消化酵素をつかい脂肪酸が取り除かれたフリー体ルテインのみ吸収されるということになります。

 

ルテインを含む食品

 

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれ、特にケールやほうれん草に多く含有されています。

 

ルテインの必要摂取量

 

1日のルテイン摂取量は、6mgと言われています。

 

健康を考えるのであれば、ルテインを多く含む食品やサプリメントなどを効率よく摂り入れるほうが毎日継続することも簡単なのでおすすめです。 

 

トップページに戻る

おすすめ

page top