「αリポ酸」とは?

「αリポ酸」とは?

αリポ酸(アルファリポ酸)というのは、 人の体内や細胞などにおいても存在しており、ビタミンによく似た効能がある成分の一つになります。

 

αリポ酸は、別の呼び方 「チオクト酸 」とも呼ばれており、かつては医薬品の成分でのみ利用されていました。

 

ところが、2004年3月の「医薬品の範囲に関する基準の一部改正」によって、αリポ酸が健康食品やサプリメントにおいても適用されることから広範囲で世の中に浸透するようになりました。

 

α-リポ酸の効果について ?

 

αリポ酸は、 細胞内においてのエネルギーの生成に欠かせない補酵素としての働きを持っており、
体の中で糖質の分解であったり代謝をサポートし、エネルギーの生成を助け、血糖値の上昇を抑制することから、ダイエットにも有効であると考えられています。

 

さらに、αリポ酸には老化や病気が起きる原因と呼ばれる活性酸素を消去する機能を持っていて、
年齢対策や生活習慣病の予防などに対しても効果が期待されています。

 

その上、αリポ酸は、水にも脂質のいずれにもなじみやすいとされる長所を持っており、体の中や細胞単位にまで行き渡ることで効果が見込まれると言われています。

 

αリポ酸には、抗酸化物質に関しても、その中でも必要不可欠であるネットワーク系抗酸化物質の一つになります。

 

これによって、αリポ酸は同様のネットワーク系抗酸化物質とされる、ビタミンC・ビタミンE・コエンザイムQ10・グルタチオンというものを再活性化させる役割を果たしてくれます。

 

その上、αリポ酸そのものが酸化した場合においても、 自己再生する働きがαリポ酸にはあると考えられています。

 

α-リポ酸の期待されている働き代謝が促進に伴う ダイエット効果

 

活性酸素の除去によるアンチエイジング効果生活習慣病の予防や改善の効果が期待されます。

 

αリポ酸の気になる副作用とは?

 

αリポ酸は体の中で、僅かながらも合成されているのですが、とりわけ悪影響を与える副作用等は報告されているわけではないようです。

 

ですが、本当は、αリポ酸は、別名 「 チオクト酸 」と呼ばれる医薬品として用いられていたので、一応、必要以上の摂取はさけた方が良いと思われます。

 

αリポ酸の1日の摂取量と効果的な飲み方とは?

 

αリポ酸の1日の摂取量の基準としては 100mg〜200mgと考えられます。

 

αリポ酸は食物に含まれる量が少ないことから、 健康食品やサプリメントで摂取する傾向が強くなると考えられます。ですが、そのような時は、αリポ酸の製品のラベルや表示を よく確かめて、摂取量に従うことが良いと思います。

 

しかも、αリポ酸は食事と共に摂り入れると、吸収率が落ちると言われています。

 

このため、αリポ酸の効果が見込める飲み方については、ダイエット中等の方は、食事の約30分前位にαリポ酸を摂取する事をおすすめします。

 

トップページに戻る

おすすめ

page top