ブルーベリーが目にいい理由

ブルーベリーが目に良い理由とは?

 

視覚物質ロドプシンとアントシアニンの関係

 

目で物を見ているのではなく、実際は脳で物を見ているのだと言われています。

 

もしも睡眠している際、瞼が閉じているにも拘らず眼球が動いていることからすればイメージを描きやすいのではないでしょうか。

 

実のところ、眼は光を感知するのみの機能しかなくて、眼で捉えられた物が光によって電気信号に変換が行われ、視神経を通過して脳に伝達されているそうです。

 

そうして脳が即座にその物が何であるのかを識別する行程こそが物を見るというメカニズムになります。

 

光によって電気信号になるまでの網膜における視細胞ロドプシンが分解と再生を時間とエネルギーを消費する事で成り立ちます。

 

このようなロドプシンの再生を促進するのに役立つのが、ブルーベリーに含まれる成分「アントシアニン」と言われています。

 

日本においては、ブルーベリーに含まれる成分「アントシアニン」と言いますと、医薬品としてフランス、イタリアや韓国、ニュージーランド、アメリカ等で認められています。

 

代表となる薬はイタリアのアントシンやフォトレティン、フランスの強力ディフラレルが知られています。

 

日本においては、農林水産省の食品総合研究所により食効は認められていますが、基本的には栄養機能食品となるのです。

 

残念ではありますが医学的な薬理効果が実証されていませんので、医薬品としての認可は行なわれていないそうです。

 

ブルーベリーがこの先眼に良いとされ、効果が注目される前提としてはパソコンやスマホ、ゲームが普及すると共に、眼精疲労に加えて、体や心にも悪影響を与えるVDT症候群(Visual Display Terminals)の症状が急増したことが考えられます。

 

息抜きをする、ディスプレイの色を切り替える、ブルーライトから眼を守るPC用眼鏡を利用するとか、外側からの対策はもちろん欠かせませんが、一時的にしかならないです。食効を使用し、体の内側からインナーケアをすることの重要性が注目されています。

 

ブルーベリーは抗酸化作用が高くて、ガンや老化にも効果的であるという研究結果を伴う注目を集める食材と言えます。

 

より一層まだ見ぬ部分も数多くある、いまだ研究中の食材になっています。この先も研究が前進したらより一層の効果が探し出されるかもしれないですね。

おすすめ

page top