ロドプシンとは?

ロドプシンというのは網膜における光受容色素です

網膜は目に入り込んだ光を感じ取って脳にこの情報を送り、「視覚」を確保するサポートを担っていますが、このロドプシンは「視覚」をもたらす網膜で見る物質の事になります。

 

ロドプシンというのはタンパク質でつくられているので、網膜で見る視覚に重要な働きを見せるタンパク質だと考えて頂ければ良いと思います。

 

網膜は光の情報を脳に送る大切な働きをしているのですが、その網膜で見られるロドプシンが常に光の情報を電気的信号の変換を行い脳に送る為に必要な役割を持っているのです。

 

目に入り込んできた光には角膜や水晶体を経由して屈折し、網膜できちんとピントが合うように調整します。この光の情報を脳に正しく送り届けるためにロドプシンは電気的信号に変換しているのです。

 

電気的信号に変換することにより光の情報が脳に送り込まれた結果として、「視覚」を得る事ができます。その結果ものを見たり、色の識別ができるなど形を識別する事が可能になるといわれています。

 

アントシアニンがロドプシン再合成を促進

 

「ブルーベリーは目によい」と思われる要因にはブルーベリーに多く含有されるアントシアニンといった色素がロドプシンの再合成を促す役割をしているからなのです。

 

ものを見ることで目に入り込んできた光の情報を捉え、それらの情報を電気的信号に変換し、視神経を伝い脳に送り込むという働きをします。この働きによってロドプシンは分解と再合成を繰り返しているのです。

 

このようなロドプシンの「分解・再合成」が順調に続くことにより、ものを正しく見ることができるといわれています。

 

ですが、分解したロドプシンの再合成に時間を取られると、ものを正しく識別することができなくなり、「目のしょぼつき」や「目のかすみ」等の視力低下をもたらしてしまうことになります。

 

そこで、ロドプシンの再合成を促進するということは、ものを見る力を高めることに繋がるので、ロドプシンの再合成を促進するアントシアニンが目に良いと言われている理由になるのです。

 

アントシアニンはそのようにロドプシンの再合成を促す働きによって、「目の疲れ」、「目のかすみ」、「ぼやけ」などの目の症状を予防したり向上させる効果が期待されています。

 

知らないと損するかも?すっきり・はっきりサプリ【ビルベリープレミアムα】

おすすめ

page top