「アントシアニン」とは?

アントシアニンとは?

ポリフェノールは、美しい青紫色味をさせた野菜や果実に含有されるフラボノイド類の色素で
アントシアニンになります。

 

ギリシャ語の「antos(花)」と「cyanos(青)」が名前の由来なのですが、赤や紫であったり広範囲な色合いが特徴的です。

 

アントシアニンの種類は数多くあって、今のところ見つけられているだけでも500種類以上になると言われています。

 

人は紫外線にさらされると、素肌内のメラニン色素が活発化してしまい、肌を黒くさせることで,細胞を保護しようとします。ところが植物はアントシアニンなどの色素を自らが生み出すことにより、紫外線からの細胞を保護しています。

 

アントシアニンの主成分と効果は?

 

「アントシアニン」に期待できる効果として、最も知られているのが目に関する効果です。

 

目の疲労や視野がぼやける原因には、網膜にある「ロドプシン」というタンパク質との再合成が遅れる事で悪い影響を与えてしまうのです。

 

ロドプシンの再合成を促進するのに関わりが深い「アントシアニン」が、目の機能を改善するために効果的であると言われています。

 

また、マウス(ネズミ)を使用した試験においては、「アントシアニン」が白内障に対する抑制効果も確認されています。

 

生活習慣病に関する効果

 

「アントシアニン」にはマウスを使った実験において、内臓脂肪の蓄積を抑える効果が確認できました。

 

結果、血圧の上昇の抑制や動脈硬化の抑制などの効果も期待されますし、「アントシアニン」にはメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防効果に加えて、力強い抗酸化作用を持つことで、美容や健康促進の効果が期待されています。

 

ビルベリープレミアムα

おすすめ

page top