「EPA」とは?

EPAとは?

エイコサペンタエン酸(eicosapentaenoic acid)という名の脂肪酸になります。

 

脂肪酸においては、牛や豚から摂取される「飽和脂肪酸」や、いわしなどの魚油から摂取される「不飽和脂肪酸」の2種類が存在しています。

 

多くの病気に関係している「飽和脂肪酸」とは違い、EPAが入った「不飽和脂肪酸」は、中性脂肪の減少や記憶力の改善というような効果があると報告されています。

 

EPA効果による、 動脈硬化の改善

 

EPAは、動脈硬化の要因となっている、血小板の凝集を抑える効果があり、予防や改善に効果的であると言われています。

 

その中でも、心筋梗塞や、虚血性心疾患の原因とされている、心臓から近い血管である冠状動脈に効果的であり、死亡リスクが下がるといった報告がされています。

 

花粉症やアトピー性皮膚炎などの改善

 

EPAには、炎症やアレルギーを改善または、緩和する効果があると言われています。

 

EPAが、炎症やアレルギーの原因となるプロスタグランジンやロイトコリエンといった物質を抑制することが要因で、成人病予防の効果が期待されています。

 

中性脂肪を減らす

 

EPAは、血液をサラサラにする効果があります。

 

その中でも、中性脂肪を少なくする効果が強力であるとのことです。

 

中性脂肪が多いと、高血圧症、高脂血症や血栓症、あるいはさまざまな病気の原因になると言われています。

 

また、今の研究で、GLP-1ホルモン(痩せるホルモン)の分泌を促し、ダイエットに効果が期待される事も明らかになっています。

 

EPAとDHAの違い

 

同じような不飽和脂肪酸の仲間で、さらに、多価不飽和脂肪酸のn-3脂肪酸と言われる種類の仲間で、とても近い存在になります。

 

双方ともに同様の効果があり、動脈硬化などの生活習慣病を予防するのですが、それぞれで得意分野が異なってきます。

 

コレステロールの減少にはDHAが、中性脂肪の減少にはEPAの方がより効果が期待されます。

 

さらに、DHAは脳に届き、脳神経を活発化する役割がありますが、EPAは脳に届いて脳神経を活発にする事はないと言われています。

 

EPAの摂取方法

 

EPAのはっきりとした摂取量は日本では決められていません。

 

アメリカでは、DHAとEPAを合算して1日2gを超えない位、というガイドラインがあります。

 

食物から摂取する場合は、いわしなどの青魚から摂取するのが良いと思いますが、大きな魚は水銀が多く含まれる場合がありますので、妊婦さんには大量の摂取は避けて下さいね。

 

これは、水銀が胎児に与える影響を優先的に考慮されているからなのです。

 

水銀を含むのが不安な方や、好みの問題もありますので、魚からの摂取がどうしても困難な方は、サプリメントをうまく活用することもお考え下されば幸いです。

 

トップページに戻る

おすすめ

page top