「イチョウ葉エキス」とは?

「イチョウ葉エキス」とは?

「いちょうの葉」を乾燥させたものをアルコールにより、成分を取り出したものになります。
「イチョウ」は生命力が非常に強力で、約2憶5千年も以前より 存在していたとのことです。

 

「いちょうの葉」は、日本から欧州へ渡り1960年代にドイツで創られたもので、ドイツ やフランス、イタリア、スイス、オーストリアなどにおいては、イチョウ葉エキスの効果が認められており、現代では「認知症」「記憶障害」「耳鳴り」「めまい」などを改善させるための医薬品となって利用されているのです。

 

ところが、法律によってイチョウ葉エキスというものが日本では医薬品では無く、健康食品やサプリメントとして市場にでているわけです。

 

イチョウ葉エキスの効果効能につきましてはケルセチンやルチン、カテキン等の30種類を越えるフラボノイド、ギンコライドなどの実用的成分が主として含有されています。

 

イチョウ葉エキスの成分の中においても「ギンコライド」は、ほかの植物にはなくイチョウの葉だけに含有されています。

 

イチョウ葉エキスに含んだフラボノイドは強力な抗酸化作用によって、老化の原因となる活性酸素を消去する力を発揮してくれるとされています。

 

有効成分のギンコライドについては、血管を広げ血流を改善や血小板が固まるのを抑制し血栓になりにくくする効果が期待できます。

 

しかもギンコライドは、毛細血管を守り、血管を強くする効果が期待できます。イチョウ葉エキス含む、これらの成分が相乗効果を見せ、 脳細胞などが死滅するのを妨げ、脳内の血流が悪くなる影響による認知症、アルツハイマーの予防や改善の効果が期待されています。

 

さらに、血流改善の効果によって、冷え症 や 肩こり、耳鳴り、めまい 等の効果も期待されています。

 

イチョウ葉エキスに期待されている効果は、抗酸化作用によって活性酸素を消し去りることにより老化防止が期待でき、血流改善効果に伴う高血圧、冷え症 や肩こり、耳鳴り、めまい 等の症状の予防改善の効果、認知症、アルツハイマーの予防改善の効果があげられます。

 

イチョウ葉エキスの副作用

 

いちょう葉には、フラボノイドや ギンコライド 等の 成分ばかりか、いちょう葉にしかない成分で、アレルギー物質であるギンコール酸といった成分が含有されています。

 

その影響で、通常は食べることのない いちょう葉を、 イチョウ葉エキスとして摂取するのでしたらギンコール酸を取り除かないといけません。

 

イチョウ葉エキスが健康に良いといっても、生の葉や生の実(銀杏)を食べると重度のアレルギー症状が出て来る可能性が高いので、決して生では食べないようにしてください。

 

他には過剰摂取によって、頭痛 や 胃腸障害、下痢などの副作用の可能性が高いですので
注意が必要になります。

 

トップページに戻る

おすすめ

page top